Q&Aよくあるご質問

アタッチメントが目立つのが嫌なのですがどうしても着ける必要がありますか?

はい。インビザラインはマウスピース矯正ですのでマウスピースをはめる力で歯を動かしていきます。
アタッチメントは、その際にマウスピースが歯をキャッチするハンドルの様な役割を果たしてくれます。
従って、歯の形状や動かす方向のよってはどうしてもアタッチメントが無いと動きが悪くなってしまう場合があります。
どうしてもアタッチメントが表に見えるのが嫌な方は、最初からワイヤー裏側矯正をお勧めします。

インビザラインを行う場合、歯と歯の間を削る(IPR又はディスキングといいます)必要はありますか?

歯の重なりを取る場合、スペースを確保する必要があります。
もし口元が前へ出ても良いようでしたら歯を削らずに歯並びを外側へ広げて並べれば良いわけですが少し口元も前へ出ることになりますので、それが嫌な場合はやはり削った方が良いと思います。
その辺はイメージし辛いと思いますので検査後に削った場合と削らずに並べた場合のシュミレーションをお見せしますので、それから相談して決めて行くことになります。

矯正装置は目立ちますか?

近くで見るとアタッチメントが見えてしまう場合がありますが、遠目にはほとんど目立ちません。

話す時の発音は問題ありませんか?

開始当初は多少発音しづらい方もいらっしゃいますが、装置の装着に慣れるとほとんどの方が大丈夫なようです。

食事はいつもどおりできますか?

取り外しのできる装置ですので、食事中にマウスピースを外していただくことで、いつもどおりお食事を楽しめます。 もちろん、食後の歯磨きも忘れずにしてください。

1日に何時間装着しておく必要がありますか?

睡眠時間も含め1日20時間以上の装着が理想的です。詳しくはドクターからご案内致します。

どのような歯並びもマウスピース矯正は可能ですか?

抜歯をして本格的に出っ歯を治したい場合などの、歯の移動量の大きいケース以外の運用となります。
抜歯をして本格的に歯を動かしたほうが良いケースでは装置を歯の裏側に着ける舌側ワイヤー矯正をお勧めしています。

痛みはありますか?

マウスピースタイプの矯正治療では、主にマウスピースをつける・取り外す際に痛みを感じるケースがあるようです。 また矯正治療は歯を少しずつ動かしていく治療法ですので、基本的に歯に力が加わっているという感覚があり、人によってはこれを痛みと感じる場合があるようです。