• WHAT
    INVISALIGN

    インビザラインとは?

WHAT
INVISALIGN

インビザラインとは?

インビザラインとはマウスピース矯正の一種で、現在、矯正で目立たずに歯を動かす方法としては
1、インビザライン等のマウスピース矯正
2、舌側ワイヤー矯正

の2通りがあり、歯の移動量が少なくて抜歯矯正の必要が無く、マウスピースをまめに使って頂ける方にはインビザラインが適していますが、抜歯をして本格的に歯を動かしたい場合や、マウスピースを毎日20時間以上使う自信の無い方は舌側ワイヤー矯正がお勧めです。

『インビザライン』とは、アライン・テクノロジー社が開発したマウスピース型の矯正治療システムです。装置が透明に近いマウスピースの形をしているので、従来の矯正装置(ブラケットやワイヤーをつける装置)に比べて目立たず、いつでも取り外せるという特徴があります。この装置を『アライナー』といいます。

1999年にアメリカの矯正歯科医師を対象に提供を始めて以来、今では世界100ヵ国以上で提供され、2018年1月現在、520万人以上の患者様がインビザラインの治療を受けています。

インビザラインは、過去の世界中のインビザライン臨床データを分析することにより進化し続けている装置です。そのため、以前はインビザラインを使用しての治療が困難だった“噛み合わせ”や“歯のねじれ”なども治療できるようになってきています。

さまざまなメリットがあるインビザラインですが、ほぼ1日中(20時間以上)アライナーを装着しないと、当初の計画通りの治療ができなくなるので、患者様にきちんと自己管理していただくことが大切です。

インビザラインの治療イメージ

初診時

シミュレーション

実際の写真

2ヶ月後

シミュレーション

実際の写真

6ヶ月後

シミュレーション

実際の写真

期間 半年
費用 検査3万円
アライナー 49万円(税別)

※1日20時間以上使用して頂けない場合、写真のように動かない場合があります。

インビザラインの特徴

矯正治療先進国のアメリカで生産

インビザラインは1997年に、もともと歯科矯正治療の需要が非常に高かったアメリカで、アラインテクノロジー社という企業が開発しました。これまで普及してきたワイヤーを用いる矯正法と比べ、見た目を気にならない点が人気の理由です。現在では全世界で400万人以上がインビザラインで治療を受けていると言われています。

治療完了までの歯の動きが事前に予測可能

アラインテクノロジー社独自のシステムにより、治療の前にシミュレーションができます。治療を受ける前に全ての患者様が、治療を開始してから終了するまでのお口の中を、治療開始前に3D画像で確認することが可能です。

治療期間の予測が可能

インビザラインは事前に正確なシミュレーションが可能なので、計画通りに進んだ場合にどの程度の期間で治療が終わるのかを正確に予測することが可能です。

すべてのマウスピースをオーダーメイド

精密検査作成したお口の3Dデータから、患者様に合わせてオーダーメイドでマウスピースを設計していきます。

治療の過程で使用するすべてのマウスピースをすべて作成していきます。

幅広い症例が治療可能

アラインテクノロジー社には、全世界のあらゆる治療データが集積されており、適合症例の範囲はほぼすべての症例です。

事前のシミュレーションで治療の確認できますので、まずは一度ご相談ください。

生活はいつも通りに

インビザラインはマウスピースを好きな時に取外出ますので、お食事や歯磨きの際にはいつもどおりに過ごすことができます。いつものお手入れで十分にケアができ、特別なことは必要ありません。概ね2週間ごとにご自身でマウスピース交換し、治療を進めていきます。定期的な通院ではドクターチェックを行い、サービスのクリーニングケアもご提供しています。

動画で知るインビザライン

国内におけるインビザラインの薬機法の承認について

インビザラインは、患者様一人一人にオールカスタムメイドで作成されるもので、日本における薬機法における医療機器には該当しません。しかし、インビザラインのマウスピースを作成するためのシミュレーションソフト、クリンチェックおよびマウスピースの素材SMART TRACKは薬機法の承認を受けております。

入手経路

当院において個人輸入させていただいております。

国内の承認医薬品の有無について

マウスピース矯正装置は日本における薬機法の承認を受けているものはありませんが、歯科技工所に置いて作成される場合、歯科技工物に該当するものがらあります。

安全性に関する諸外国の情報

これまでに640万症例の実績があります。