• MERIT
    DEMERIT
    インビザラインのメリットとデメリット

MERIT
DEMERIT
インビザラインのメリットとデメリット

インビザラインのメリット

1 装置が見えにくい

通常のワイヤー矯正に比べると、装置が透明なプラスチックを用いるため、治療中でも見た目が気になりません。しかしながらマウスピースを装着している状態で治療を進めるため、よく見ればマウスピースが着いていることはわかりますが、ごく近くでじっくりと見なければわからない程度です。また治療中には歯の表面に”アタッチメント”という小さな突起をつけて歯を動かすため、このアタッチメントは比較的目立ちやすいかもしれません。ですが、金属を使用しないため、治療全体では比較的目立ちにくいと言えます。

2 異物感が少ない

表側のワイヤー矯正や歯の裏側にワイヤーを装着する裏側矯正では、治療のはじめはどうしても多少の違和感があります。なれるまでは発音にも影響する場合もありますが、インビザラインでは見た目とともに大きな違和感を感じないとおっしゃる方がほとんどです。いつでも外すことが出来ますので、治療の計画通りの使用時間内でしたら自由に取外して頂く事ができます。自由に取り外しができる点は、特にお食事の際に役立ちます。ワイヤータイプの矯正は食べ物を噛む際に違和感を感じることがありますが、インビザラインならいつも通りです。もちろん、食後の丁寧な歯磨きやケアは忘れずにしましょう。

3 治療後の歯並びを動画で確認できる

「治療を始める前に結果が見たい・・・」皆さんきっとそう思うはずです。インビザラインでは最新の治療予測システムで、治療後にあなたの歯がどのように動いていくのかを動画でシミュレーションすることが出来ます。いつ頃どのようになっているのかをじっくり確認してから治療に進めるので、”わからないの不安”が少ないのではないでしょうか。ただし、シミュレーションはあくまで予測となり、患者さんの装着時間や治療期間中の過ごし方によって結果が変わることもありますので、注意が必要です。気になることは遠慮なくドクターにご相談ください。

4 来院回数が比較的少ない

インビザラインは治療の過程に合わせて複数のマウスピースを段階的に使っていきますが、一度の型取りで治療期間分すべてのマウスピースをアメリカで作成し提供されます。通常マウスピース矯正では段階ごとに型取りを行い、新しいマウスピースを作成していきます。そのため通院時の拘束時間が長くなり、回数も増えてしまうことがあります。インビザラインは一度に複数のマウスピースを作成してしまうため、通院回数は少なく、通院時も拘束時間が比較的少く済みます。当院ではその分、クリーニングのサービスを行い、虫歯や歯周病の予防もセットで考えていきます。
しかし、治療の進捗や治療期間中の患者様の過ごし方によっては再度型取りを行う可能性もありますのでご注意ください。

5 歯ブラシが楽

インビザラインは取り外しができるので、毎日の歯ブラシもこれまで通り行えます。ワイヤータイプの装置ではどうしても隙間が増えてしまい、汚れが取れにくいことがありますが、インビザラインはいつもどおりのブラッシングで十分なケアが可能です。また当院では検診時のクリーニングサービスもございますので、治療期間中のお口のトラブルもコントロール出来ます。

インビザラインのデメリット

1 抜歯の矯正ができない

インビザライン治療は歯に帽子が載っているようなイメージの治療法です。そのため、マウスピースの中で歯がズレると、歯は移動しなくなってしまいます。抜歯矯正の場合、マウスピース矯正を行うと、奥歯が前に向かって倒れる場合があり、一度倒れてしまうとマウスピースでは戻すことが困難です。抜歯が必要な場合はワイヤー矯正を併用するなどして対応が可能です。患者様の状態によりますが、奥歯の移動が2mm以内で収まる場合はインビザラインでも抜歯の矯正ができる場合がありますので、詳しくは診断時にご相談ください。

2 歯に何もつかないわけではない

インビザラインでは症例により、歯の表面にアタッチメントと呼ばれるプラスチックを貼り付け、歯の移動を行う場合があります。アタッチメントも目立たないものではありますが、歯の表面に何もつかないわけではないので、気になる方は注意が必要です。

3 歯と歯の間を少し削ってスペースを作ります

インビザラインで歯を移動させるスペースを確保するために、歯と歯の間を削ることがあります。削ると聞くと怖いと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、その量は最大で0.5mm程度です。人間の歯は0.5mm程度削っても健康は損なわれず、痛みもほとんどありませんので麻酔なく治療をすることが出来ます。削る量が多くなってしまう場合には、事前に抜歯矯正も検討する場合もあります。

4 長時間使わないといけない

インビザラインでは1日20時間以上の装着が推奨されています。生活に支障がある場合など、多少の誤差は問題ありませんが、基本的には推奨使用時間以上は装着していただくことを前提に治療を計画していきます。使用時間が想定を大幅に下回る場合には、計画通りに歯が動かない場合もあります。

5 ワイヤー矯正より時間がかかることが多い

一般的にワイヤー矯正ではより強い力を歯にかけることができるので、治療期間は短くなる傾向にあります。一方インビザラインで歯全体に少しずつ力を加えていきますので、ワイヤー矯正に比べて治療期間が長くなる可能性もあります。